人類の健康を脅かす血糖値の正体とは|長生きのツボ

健康的な体を作るために

女性

血液を健康にして体も元気

そもそも血糖値とは何でしょうか。血糖値とは血液中のブドウ糖の濃度のことです。ではその血糖値が高すぎるとどんなことが起きるのでしょうか。良く知られている糖尿病の他にも、動脈硬化や心筋梗塞やその他の生活習慣病、肌の老化現象まで引き起こす危険性があります。ではどうすれば正常な血糖値を保てるのか。まず第一に血糖値の上昇を引き起こす食事を控えることです。血糖値を上げる食事とは、糖質の高い食事のことですね。お菓子や炭水化物やジュースなどが代表的です。血糖値の上昇を緩やかにしてくれる食べ物もありますので、それらと一緒に効果的な食事の摂り方をすると良いでしょう。例えばお酢などは、食事の時にスプーン1杯飲むだけで食事のあとの血糖値の上昇を抑えてくれることがわかっています。最近では糖の吸収を抑えてくれるサプリメントやお茶などもたくさん売られていますので、それらを利用するのも良いでしょう。食事の他に重要なのが、有酸素運動です。有酸素運動とは、あまりつらくなくじんわりと汗をかく程度の運動のことです。ウォーキングやジョギング、踏み台昇降などが有名です。こうした適度な運動の習慣化が大切で、有酸素運動を日常的に行うことが血糖値の上昇を抑えてくれます。運動が苦手だという方には市販の健康食品などを利用すると良いでしょう。青汁や黒酢にんにくなど、血糖値の上昇を抑えてくれる成分が入った健康食品がたくさんあります。どの方法も一時的ではなく継続することが大切ですので、ぜひ自分に合った方法を見つけて続けて下さい。